乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像

乳酸菌のLS1とは

乳酸菌と聞いたとき腸内環境を整えるため、善玉菌を増やすやめに欠かせない成分だと考えます。
ヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれていますが、実は元からカラダの中に存在している乳酸菌もあります。
乳酸菌は善玉菌の一種ですが、これに対して悪玉菌も存在します。
腸の中にも悪玉菌は存在しますし、善玉菌も存在していますね。

悪玉菌が増えることで老廃物もたまりやすくなるので、肌荒れや便秘などの原因になることもあります。
しかし善玉菌を増やすことで悪玉菌を退治できますから、腸内環境が整い健康や美容にもいい影響を与えます。
あまり知られていませんが口の中にも善玉菌と悪玉菌が存在していて、悪玉菌が繁殖すれば歯周病や口臭の原因となってしまいます。
乳酸菌のLS1は口の中に存在している乳酸菌なので、悪玉菌を退治して口の中の環境を整える効果が期待できます。
乳酸菌の種類によっては期待できる効果や作用も違うように、働きかける場所も違うということになります。
肌荒れなどにはセサミンhttp://xn--vckl3i8c.biz/実感ランキング.htmlも試してみてください。

乳酸菌のLS1の場合は口の中のケアを目的としているので、口腔ケア用にサプリメントやタブレットとして商品化されています。
使用方法はメーカーによっても変わりますが、タブレットの場合は口の中でゆっくりと溶かすことで口の中の菌のバランスを整えることができます。
悪玉菌を退治することで、口臭予防や歯周病予防にもなりますね。
しかし乳酸菌のLS1を配合したタブレットを取り入れているからと言って、歯を磨かなくてもいいというわけではありません。

乳酸菌のLS1配合のタブレットは、歯周病治療の一環として取り入れることもあります。
毎日きちんと歯を磨き、口の中の状態を常に清潔にしておくことも大切です。
メーカーによっては子供も安心して使えるものもあるので、子供の虫歯予防に使うこともできます。
腸内環境と同じように、口の中の環境も健康に大きく影響してきます。
口が臭いというだけでも周りの人に嫌がられますので、注意したいですね。
乳酸菌が生きている仕組みについての記事も興味深いです。