乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
乳酸菌の飲み方

ビフィズス菌やガセリ菌をはじめとする乳酸菌やオリゴ糖などで効果を実感する為には、実は飲み方も大きく関係してきます。
しっかりと正しい飲み方を実践することで、より効能を実感しやすくなるでしょう。
その為に必要な知識をこのページで紹介していきます。

まず第一に挙げられるポイントは、毎日飲むということです。
もちろん飲むタイミングは好きなときでOK。
朝でも昼でも夜でもOKです。
飲み忘れることなく、毎日飲むというのが大切になります。
ただし、朝起きてスグや夜寝る前など、毎日の同じ時間帯に飲むようにするのはオススメです。
こうすることによって、乳酸菌サプリを飲むことが習慣になり、飲み忘れが減るかも知れません。

また、飲む量は必ず摂取目安量の通りにすること。
沢山飲めば良いというものではありませんから、その点はしっかりと意識するようにしましょう。
ただし、必ずしも徹底しなくてはいけないということではありません。
便の状態やお腹の具合がちょっと気になる・・・というときには普段よりも飲む量を増やしても良いでしょう。
多少であれば、調整が可能であるというのも、健康食品ならではのメリットです。

飲むときは水や牛乳などで飲むようにしましょう。
熱いものと一緒に飲むのはNGです。
その理由はずばり、熱いものと一緒に飲むと乳酸菌が死滅してしまう可能性が増えるから。
冷たい水で飲むのがもっとも理想的です。

ただ飲むだけでなく、毎日便の状態をセルフチェックするのもポイントです。
実際に自分で「どれくらい改善されているか」を確認することで、乳酸菌サプリの効果がよくわかります。
また、モチベーションの維持にもつながり、続けるという意識が高まります。

特に便の色や匂い、硬さなどはチェックしておきたいですね。
色は黒く濃くなるほど腸内環境が悪い状態になっていることを指し示します。
それに対して、善玉菌が優勢になっている場合は便の色が黄色に近い茶色になります。

乳酸菌サプリを飲み始める前と比べて、便の状態はどうか、お腹の調子はどうなったかを自分で感じて比較してみるようにしましょう。
身体の状態を自分で把握することは、非常に重要なポイントです。

なかなか効果を実感できていない場合は、体内環境に現在飲んでいるサプリが合っていない可能性があります。
その場合は、他のサプリメントを試してみるなどの工夫も必要です。
また、オリゴ糖も同時に活用するなどの工夫もしてみましょう。
自分なりに対策を講じてみることができれば良いですね。