乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
ビフィズス菌について

私たちの腸の中には乳酸菌をはじめとする善玉菌が存在します。
その中でも代表的な存在として挙げられるのが乳酸菌というカテゴリーです。
さらに、そのカテゴリーの中でポピュラーかつ主役として知られるのがビフィズス菌です。
ここでは、そんなビフィズス菌について解説しています。

私たちの腸内に棲みついている腸内細胞の種類や約1000種類にも及ぶと言われています。
さらに、その数は合計すると1000兆個にものぼると考えられています。
これだけ多く存在する細菌ですが、大きく分けると三つのジャンルに分類することができます。
それが、善玉菌・悪玉菌・日和見菌というカテゴリーです。

先述した通り、私たちがプロバイオテクスとして活用している乳酸菌やビフィズス菌といった細菌は「善玉菌」に分類されます。
そして、善玉菌の中でもビフィズス菌は全体の多くを占める「主役級」の菌種です。
人間の身体の健康状態を左右する非常に重要な存在と言えるでしょう。
だからこそ、腸内環境を整えたいという場合はビフィズス菌をサポートしやすい環境をつくることが大切です。
そして、それにも乳酸菌を活用することができます。

例えば、ラブレ菌にはビフィズス菌を増やす役割があると言われています。
ガセリ菌はビフィズス菌のパートナーの様な役割をはたしてくれます。
こういったビフィズス菌以外の乳酸菌も上手に活用しながら、便秘の解消などに取り組んでいきましょう。

さらにビフィズス菌の特徴の一つとして挙げられるのが、非常に減少しやすいということ。
だからこそ、私たちはサプリなどを利用して積極的に活用しなければいけません。
赤ちゃんの頃は腸内におけるビフィズス菌の割合は約99%と言われています。
しかし、成人する頃には約10%ほどになってしまっているのです。
これは、もちろん他の善玉菌が占める部分もありますが、悪玉菌が増えてしまっていることも関係しています。
さらには60歳頃には1%以下にまで減少してしまっているとも考えられています。
もちろん個人差はありますが、腸内環境は大人にとって絶対に考慮しなければいけない重要な項目であるということは確かでしょう。

若々しさを保ち、年齢や季節、環境などの変化から身体を守る為にもビフィズス菌を有効活用しましょう。
もちろん美肌や美容などをサポートすることもできます。
ニキビ対策や花粉症対策などにも活用可能です。
便秘解消にも最適でしょう。
オリゴ糖との相性も良いので、組み合わせての使用もオススメします。