乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
乳酸菌で便秘解消するコツ

乳酸菌の効果の中でも最も注目すべきは便秘や下痢などの排便トラブルを改善できるということでしょう。
もちろん乳酸菌でなくても、ビフィズス菌やオリゴ糖、枯草菌などのプロバイオティクスを摂取するということであれば、便秘解消を目的として考えている人は少なくないと考えられます。
そんな時に少しでも乳酸菌の働きを効率良くする工夫をここで紹介していきたいと思います。

まず、第一に考えておきたいのが生活習慣を改善するということです。
いくら積極的にプロバイオティクスを摂取したとしても、生活習慣が乱れていると、その効果は実感しづらくなってしまいます。
サプリメントなどで摂取したり増やしたりする善玉菌の数よりも、生活習慣の乱れによって増殖してしまう悪玉菌の方が多くなってしまうからです。
毎日の生活の中でしっかりと悪玉菌を減らす工夫を取り入れましょう。
まず、運動はしっかりと行うこと。
ハードなスポーツでなくても良いので、定期的に続けていくことで腸内環境は確実に良くなります。

また、食事習慣もしっかりと気をつけるようにしましょう。
一日三食を決められた時間に摂ることが大切なポイントです。
また、栄養のバランスも十分に考慮して食事を摂りましょう。
塩分や油分を極力ひかえて、野菜を中心に摂ることが大切です。
野菜を摂ることによって、腸のぜん動運動が活発になります。
これは食物繊維量が豊富であるということが関係しています。
その為、野菜でなくても青汁などを摂取するのでも、その代替策となるでしょう。

さらに言うのであれば、水分も積極的に摂るようにしましょう。
忘れがちなポイントですが、これは意外に重要なポイントです。
水分をたっぷりと摂ることによって、腸内で固まってしまった便も排出しやすくなります。
特に朝起きた直後に冷たい水を飲むのは効果的と言われています。
乳酸菌サプリを冷たい水で流し込むというのが私のオススメです。

この他にも便秘を解消する為、乳酸菌サプリを効果的に活用する為のコツは沢山あります。
例えば、冷えを避けるようにするというのもポイントです。
夏場でもエアコンの効きすぎている場所に行く場合を考えて、外出時にはカーディガンを一枚用意しておくなどの工夫が必要。
冷えは便秘を招く大きな要因の一つです。
もちろん冬場なら厚手の靴下などを着用して、外出時には万全の状態で出かけるようにしましょう。

これらのポイントを意識しておけば、乳酸菌の働きを最大化することができるでしょう。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。