乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
腸は健康の指針

乳酸菌を摂取することによって腸の状態を正常にすることができます。
これによって排便のトラブル(すなわち便秘や下痢など)を改善することができる訳です。
もちろん便秘以外にも様々な悩みに乳酸菌は効果を発揮します。
これは腸が人間の身体において非常に重要な器官であるということが関係しています。
腸は私たちの健康状態を維持してくれる大切な存在なのです。
だからこそ、腸の健康状態を乳酸菌の摂取などでしっかりとケアする必要があります。

腸の健康は、食生活や運動、さらにはストレスなどによって左右されてしまいます。
食事・運動・睡眠といった基本的な生活習慣が腸の健康状態に大きく関係しているのです。
毎日の生活習慣をしっかりと見直してみましょう。

まずは「早起き」を心がけること。
朝起きたときに冷たい水を一杯飲むというのもオススメです。
起き抜けの冷たい水は腸のぜん動運動を活発にしてくれると言われています。
これによって便秘にも効果があるかも知れません。
ただし、朝以外はあまり冷たい水を飲むのはオススメできません。
お腹を冷やさない程度の温度の水を飲むようにしましょう。
また、朝は太陽の光に当ることで身体のスイッチが入ります。
これも腸内環境を正しい状態にすることに関係するポイントです。
しっかりと意識するようにしましょう。

起きた後は朝食をしっかりと摂ること!
朝食をしっかりと摂ることによって、腸の働きも正しくなります。
水分も朝食時にはしっかりと摂るように心がけてください。

食べ物が胃に入ると、その刺激は脳に伝達されます。
そして、大腸を動かすように脳からの指示が出されるのです。
つまり、時間通りに規則正しく食事を摂ることで、このサイクルが正常に機能するようになります。
結果、腸のリズムが整うのです。

夜は早寝を心がけましょう。
早寝は生活リズムを整えます。

睡眠時間は十分に取りたいところですね。
一日あたり少なくとも7時間以上は睡眠をとって、生活のリズムを崩さないようにしましょう。

運動に関しては、激しい運動やハードなスポーツに取り組む必要はありません。
ヨガやピラティス、ウォーキングなどで十分なので、継続して取り組むことが大切なポイントになります。
その点を意識して運動に取り組んでみましょう。

食事は油っぽい食事や塩分を控えめにすることが大切。
野菜を中心に摂取して食物繊維をたっぷりと摂取しましょう。
先述した様に、水分を日常的に摂取することもポイントになります。