腸まで届く菌

乳酸菌は腸まで届かない?

普段から健康に気を使っている人も、意外と見落としがちなのが腸内環境です。
腸内環境が健康を左右するといってもいいくらいです。
腸のなかはどうしても老廃物がたまりやすい環境なので、悪玉菌も繁殖しやすくなります。
悪玉菌が増えると便秘になりやすくなってしまうなど、体調もすぐれない日が続きます。

悪玉菌を退治するには、善玉菌が必要です。
善玉菌が多いほど悪玉菌を退治しやすくなりますし、他にも良い影響を沢山与えてくれます。
悪玉菌も老廃物や毒素の一種ですから、それを退治できればカラダの中の老廃物を排除するデトックス効果も期待できます。

腸内環境が悪いと、口臭の原因になることがあるのを知っていますか?
他にもコレステロール値をコントロールしてくれたり、ニキビや吹き出物なども出にくくなります。
腸内環境を整えることで自然と免疫力や病気に対する抵抗力も高まるので、健康維持にも役立ちます。
女性の場合は美肌効果、アンチエイジング効果も期待できます。

善玉菌を増やすにはどうしたらいいか?
実は善玉菌にも種類があるのですが、一番有名で摂取しやすいのが乳酸菌です。
乳製品や発酵食品に多く含まれるので身近な食材から手軽に取り入れることが可能ですし、善玉菌のエサとなるので必要不可欠なものでもあります。
ビフィズス菌(乳酸菌)はヨーグルトに多く含まれている、善玉菌の中で最も有名な菌ですね。

ただこの時注意したいのが、乳酸菌は胃酸に弱いというところです。
何かものを食べたとき必ず胃を通過しますね。
食べたものは胃に入り、胃酸で消化されます。
この時ほとんどの乳酸菌は死滅してしまうので、肝心の腸まで届けることができません。
これではいくら沢山ヨーグルトを食べても意味がなくなってしまいます。
そこで今は各メーカーで研究を重ね、独自の技術で特別な加工をして胃酸にも負けないような特殊な加工をするようになりました。
善玉菌のエサとなる乳酸菌が胃で溶けずに腸まで届けば、悪玉菌を退治できるので腸内環境も整って行きます。

Menu