乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像

乳酸菌のLB81とは

ヨーグルト好きな人でも、自分がいつも食べているヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類まで詳しく知っているという人は少ないでしょう。
実はヨーグルトに含まれている乳酸菌にも、種類があります。
これは各メーカーが独自に開発した乳酸菌が多いので、他のメーカーのヨーグルトには含まれないものもあります。

乳酸菌のLB81を配合しているのは、明治ブルガリアヨーグルトです。
CMでも定番となっているメロディがありますが、ヨーグルトといえばこのブルガリアヨーグルトを選ぶ人も多いはずです。
明治のブルガリアヨーグルトは、種類も豊富ですね。
ヨーグルトは牛乳を発酵させて作りますが、このときブルガリア菌とサーモフィラス菌という菌を混ぜて発酵させます。
この2つの菌を混ぜ合わせたものを、乳酸菌LB81としています。
ヨーグルト作りで有名な本場ブルガリアでも、LB81を使いヨーグルトを作っています。

乳酸菌は種類によって、期待できる効果やカラダの中での働き方にも違いがあります。
LB81には腸内環境を整える乳酸菌としても有名ですが、腸内のアンチエイジング効果も期待されています。
この効果は女性にとっては見逃せない効果ですね。
外見のエイジングケアも大切ですが、カラダの中がキレイでないとどんなに外側からケアをしても限界があります。
腸内環境を整えるだけでなく腸も若返ることができれば、願ってもない効果が期待できそうです。
腸内環境が整えば、肌荒れなども改善できます。
乳酸菌は40度くらいが一番増殖したり生育するのに良い温度といわれていますので、ヨーグルトなどを少し温めてから食べると良いでしょう。
高温になりすぎるとどうなるかはhttp://www.takebackthenews.org/にかいてあります。


ブルガリアヨーグルトなら、スーパーやコンビニエンスストアでも簡単に手に入るので毎日の生活にも取り入れやすいですね。
大切なのは毎日続けることです。
ヨーグルトが苦手な人は飲むヨーグルトというタイプもありますし、フルーツなどと一緒にミキサーにかけジュースにして飲んでもいいですね。
カレーに混ぜたり、サラダのドレッシングにしたりと使い方もいろいろ工夫できますので、毎日の生活に積極的に取り入れて行きましょう。
LB81ではないですが、別の種類の乳酸菌は多くの発酵食品に含まれています。
こちらhttp://x-wrt.org/に日本と海外の主な発酵食品が紹介されています。

また、美容成分に乳酸菌がプラスされている商品もあります。
私が知っている商品だと、美容成分のプラセンタドリンクや、マカの粉末製品などがあります。

一緒になっていない商品でも乳酸菌と組み合わせて飲むことが可能なので、是非プラセンタやマカも摂ってください。
こちらではプラセンタドリンクとサプリメントの人気商品が紹介されています。
マカのおすすめ製品はhttp://xn--lckq1kg2395b.com/http://xn--u9jtg1f041johd412e.net/に載っています。