乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
乳酸菌とは

そもそも乳酸菌とは一体どんなものなのでしょうか?
ここでは、その概要について解説していきます。

乳酸菌は私たちの腸内環境を改善してくれる優れた健康食品として、今ではかなりポピュラーな存在になっています。
腸内環境を改善することによって、便秘解消やアレルギー対策に役立つのです。
そんな乳酸菌の概要を理解するのには、まず腸内環境と善玉菌・悪玉菌について考える必要があるでしょう。

私たちの腸の中には100種類にも及ぶ腸内細菌が存在しており、その数は合計すると約100兆個にも及ぶと言われています。
それらの腸内細菌は、小腸や大腸などの壁に棲みついていて、身体に良い影響・悪い影響をそれぞれにもたらします。
良い影響を与えてくれるのは、善玉菌と総称されています。
その代表として挙げられるのが乳酸菌です。
乳酸菌は代謝の際に乳酸をつくりだして、腸の中を酸性に保ちます。
それによって、腸内を健康的な状態に維持してくれるのです。

これに対して、身体に悪い影響を与えてしまうものもあります。
それが悪玉菌です。
悪玉菌は便秘の原因になるほか、発がん性物質を生み出してしまうリスクもある危険な成分です。
腸内で便などを腐敗させてしまったり、老廃物を排出してしまうのもデメリット。
様々な悪影響をもたらします。

もう一つ、日和見菌というものも存在します。
日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも、いずれにも属しません。
優勢になっている方に味方する日和見的な動き方をします。

これらの特徴を持った細菌たちは常に腸内で勢力争いをしていて、優勢になった方の影響が身体に出てくるのです。
善玉菌はなかなか増えづらいという特徴を持っていますが、悪玉菌は増えやすいという性質を持っています。
悪玉菌はストレスや生活習慣などによって簡単に増えてしまうのですが、善玉菌はなかなか増やすことができないのです。
だからこそ、乳酸菌のサプリが必要になってきます。
サプリなどを用いて、積極的に乳酸菌を身体に摂り入れないと、腸内環境は正常な状態になりません。

もちろん、乳酸菌と言っても実際には色々な種類があります。
いわゆる「菌種」と呼ばれているものですが、人によってフィットする菌種は異なるのです。
自分の身体にあわないと腸内にとどまることなく、すぐに排出されてしまいます。
だからこそ、乳酸菌サプリを選ぶときは、しっかりと吟味しなくてはいけません。

含有量やコストパフォーマンスなど基本的なポイントを押さえつつ、自分にあった乳酸菌を選びましょう。
もちろん、生きたまま腸に届くかどうかも重要なポイントです。