乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
身体の全てが腸に繋がる!

改めて考えずとも、当たり前の話ですが、私たちの口から入った食べ物は必ず腸を通過します。
だからこそ、腸内環境を考えて便秘対策などを講じるのであれば、間接的ではあるものの、口や食道などの持つ役割が関係すると言えるでしょう。
ここでは、腸を含める「消化管」について解説していきたいと思います。

私たち人間の消化管は、一般的に口から大腸までを指します。
一本の長い管になっており、その長さは約10メートルにも及ぶと言われています。
その消化管の働きは、食べ物を分解・紹介するということ。
そして、小腸で吸収して不要なものは体の外へ排出すること。
まさに、人間の生命の営みそのものと言っても過言ではないかも知れません。

消化は基本的に小腸の手前までに段階を追って行われます。
そして、小腸では栄養素の約90%が吸収されていくのです。
排泄の為に便が形成されるのは大腸です。

消化管はまず最初に口から始まります。
口では歯を使って食べ物を噛み砕き、すり潰して飲みこみますね。
そして、食べ物は食道に送られます。
食道では飲みこんだ食べ物を胃へと移動させることになります。
この消化物を移動させる動きは「ぜん動運動」と呼ばれています。
これは便を排出する為に腸でも行われています。

食道でぜん動運動によって移動させられた食べ物は次に胃に到着します。
胃では胃液を使って食べ物を消化していきます。
食物が混ぜ合わされ、粥状になり、吸収を行いやすい状態にするのです。

そして、胃を通過すると消化物あ十二指腸に到達します。
十二指腸では胆汁や膵臓の酵素などで炭水化物とタンパク質、脂肪を分解します。

これだけの工程を経て、食べ物はやっと乳酸菌などの住む小腸に到達するのです。

ご存じの様に、小腸では腸液で栄養素が細かされ、栄養素の吸収が行われます。
さらに、大腸では小腸で消化された食べ物の残りから水分を摂取するのです。
そして、最終的に絞りかすが便になり、排泄が行われます。

乳酸菌サプリを摂るということは、この一連の消化管の働きをサポートするということになるとも考えられるでしょう。
もちろん実際に効果を発揮してくれるのは、小腸や大腸が中心になります。
しかし、腸の働きを考えると、身体全体にその効果が発揮されるとも考えられます。

乳酸菌だけでなく、オリゴ糖なども活用しながら、身体のケアを行いましょう。
特に体調の変化が顕著にあらわれ始める40代以降は積極的に乳酸菌で体調を管理することをお薦めします。