乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
赤ちゃんの便のトラブルに

乳酸菌サプリを摂取する殆どの利用者は大人です。
そもそも便秘は成人に多い悩み・症状と考えられています。
なぜなら赤ちゃんや幼児の腸内環境は殆どが善玉菌で悪玉菌はごく僅かだからです。
しかし、最近では赤ちゃん・幼児の便秘・排便トラブルが多くなっていると言われています。

水分をたっぷりと与えている場合でも、お腹のマッサージをしっかりとしてあげていても便のトラブルが引き起こされるケースがあります。
その他、例えば食事に気を付けていても、お腹の調子が乱れることがあるのです。
では、原因は一体どこにあるのでしょうか?

その原因として考えられるのは腸内環境が整っていないということ。
赤ちゃんが自然分娩で生まれる場合は、母親の産道を通ってくる訳ですが、実はその際にそこにある菌を赤ちゃんは自ら取りこんで腸内環境を整えてから生まれてきます。
そして、生まれた後は母乳からオリゴ糖を摂取することによって腸内環境を整えます。
しかし、近年では、この自然の摂理が狂ってきているのです。

例えば、食生活の変化などが大きな要因として挙げられます。
母親が肉中心の欧米型の食生活をしている場合には母乳の質が落ちてしまい、赤ちゃんの腸内環境も悪化してしまうのです。
さらに、社会環境が悪化していることから排気ガスや空気の汚れによって母乳の質が落ちているということも考えられます。
これらの原因から、腸内環境が整えられない赤ちゃんが増えています。

また、帝王切開による出産の場合は上記の仕組みが適用されないので、これも要因の一つになるでしょう。
さらに、粉ミルクを飲ませてしまうと、オリゴ糖不足になり、結果的に腸内の善玉菌・乳酸菌が急激に減少してしまうというケースも考えられます。

腸内環境が整っていない状態では、いくら食事に気を付けても、マッサージをしてあげても、なかなか効果は得られないでしょう。
糖水や綿棒での突っつきも、なかなか効きません。
そこで役立てたいのが乳酸菌のサプリやオリゴ糖のサプリ。
腸内の善玉菌を増やすことで、赤ちゃんの便秘を根本から改善してあげることができるのです。

便秘ではない場合でも、オナラの臭いが臭かったり、便の状態・色が悪かったら乳酸菌やオリゴ糖の摂取をオススメします。
もちろん乳酸菌もオリゴ糖も薬ではなく、天然由来の食品ですから安全性は確かです。
薬の様に副作用などを気にする必要はありません。
何しろヨーグルトなどに含まれているものですからね。
ヨーグルトに副作用の心配がないのと同じように安全性もアレルギー以外は心配ないでしょう。
最近ではアレルゲンフリーの乳酸菌サプリも登場していますから、そういったサプリを使えば、その点も心配いりません。