乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像

乳酸菌のKWとは

ヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれている乳酸菌にも、種類があります。
乳酸菌KWもその一種です。
ほとんどの乳酸菌が胃酸によって死滅してしまう中、KWは胃酸にも負けずに生きたまま腸まで届く乳酸菌としても知られています。
ビールでおなじみのキリングループが自社の保有株から研究開発し、商品化しているのでキリンの乳酸飲料にも含まれています。

このようにメーカーでは各社で数百種類もの乳酸菌株を保有していますので、中にはメーカー独自の特別な乳酸菌も存在します。
小岩井乳業とのコラボで、乳酸菌KW入りのヨーグルトなども発売しています。
有名なものでは、小岩井とキリンのコラボがパッケージにも表示されている、オルニチン400mgと乳酸菌KWを配合した「大人の元気ヨーグルト」です。
他にもタブレット・カプセル・粉末といった、サプリメントとしても商品化していますので見かけたことがある人もいるかもしれませんね。

乳酸菌KWの注目ポイントは、免疫力アップやアレルギー症状の緩和という効果が期待出来るところです。
アトピーや花粉症というアレルギーを持っている人にとっては、乳酸菌のKWが救世主となってくれることもあるかもしれません。
しかし一度にたくさんのヨーグルトを食べたからといって、すぐに効果を発揮するわけではありません。
大切なのは毎日少しずつでいいので、摂取し続けることです。
ヨーグルトなら少量ずつの摂取も可能ので、毎日の生活にも取り入れやすいでしょう。

花粉症の場合は、花粉が飛散し始める数ヶ月前から毎日ヨーグルトやサプリメントで摂取することで、花粉に対応できるカラダのベース作りができます。
しかし乳酸菌のKWを摂取すれば花粉症が治る、というものではありません。
あくまでもアレルギー症状を緩和するというものです。
乳酸菌のKWにはアレルギー症状の緩和の他に、免疫力をアップさせる効果も期待できます。
カラダの中からできる花粉症対策といった感じですね。