乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像

乳酸菌のLG21とは

乳酸菌には種類がありますが、その中の一種LG21はヨーグルトの商品名にもなっています。
どういう効果があるかは知らなくても、CMでも見かけるし、なんとなく食べたことがあるという人も多いはずです。

乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立つ成分というのはすっかり有名ですが、種類によってはほかの働きをするものもあります。
乳酸菌LG21の特徴は、ピロリ菌を退治することができる乳酸菌だということです。
乳酸菌の多くは胃酸に弱いので、ヨーグルトなどを沢山摂取しても胃に入ったときに胃酸によってほとんどが死滅してしまいます。
胃酸はとても強いものなので、他の菌が入り込んだとしても大抵は胃酸で死滅するので胃に滞在できる菌はないと考えられていました。

しかしピロリ菌だけは例外で、胃酸にも負けず胃の中に存在し続けることができるのです。
特に問題のない菌ならいいのですが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こす原因となることもあります。
個人差もあるので胃の中にピロリ菌があるからといって、すべての人がこうなるというわけではありません。
しかし何らかの悪影響を与える以上は、退治しておくほうが安心ですね。

しかし乳酸菌は酸に弱いので、乳酸菌ならなんでもいいというわけにはいきません。
そこで役立つのが、乳酸菌LG21なのです。
LG21は乳酸菌の中でも珍しく、胃酸に強く胃の中でも生き残ることができます。
LG21には高い殺菌作用があるので、ピロリ菌を退治するにはピッタリなのです。
胃酸にも負けないので、生きたまま腸まで到達することもできるので注目度も高いのです。

明治から発売されているLG21のヨーグルトは、そのまま商品名にもなっていますね。
パッケージをよく見ると「リスクと戦う乳酸菌」と書いてあります。
ピロリ菌はリスクの高い菌なので、この商品コピーにも納得できます。
ヨーグルトを食べるだけでLG21を効率よく摂取できますし、ピロリ菌対策とピロリ菌予防にもなります。

乳酸菌の種類によってはヨーグルトだけでなく、味噌や醤油、納豆などの発酵食品からも摂れます。
味噌などの場合は、乳酸菌の他にイソフラボンという成分も含まれているので、整腸作用やダイエット効果の他にも嬉しい美容がたくさん期待できます。
イソフラボンはアンチエイジング効果が優れているので、老化を防いで若々しさを保ってくれます。
また、もちもちした美肌を手に入れるのも役立ちます。
その他にも病気に対しても効果を発揮してくれますので詳しくはイソフラボンの病気に対する予防効果のサイトをご覧ください。

体に良い成分である乳酸菌とイソフラボンを一度にたくさん摂りたいと思っても、一日の摂取量目安を参考にしてください。
過剰摂取による問題がhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.ws/3.htmlに載っています。
このようなことにならないように気をつけましょう。