乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
乳酸菌と青汁

便秘解消の為に効果的な健康食品として挙げられるのが乳酸菌ですが、もちろん、この他にも腸に優しい健康食品は存在します。
その代表的な存在として挙げられるのが青汁です。
青汁は野菜のたっぷり詰まった野菜ジュースの様なもの。
その為、食物繊維がたっぷりと含まれています。
これが便秘解消に優れた効果を発揮してくれるのです。

食物繊維は一昔前まで、ほとんど栄養的価値のないものと考えられていました。
しかし、最近ではその優れた有用性が注目を集めています。
食物繊維はコレステロールを吸収して血液をサラサラにしてくれるのです。
現代病である生活習慣病などの対策としては最も重要な役割を果たす存在であるとも言えるでしょう。

そんな食物繊維ですが、その働きはコレステロール値の調整だけではありません。
実は腸のぜんどう運動を活発にするという効能もあるのです。
腸のぜん動運動というのは、ずばり、排便を行う腸の動きのこと。
この動きをスムーズにすることによって、便秘を改善することができるのです。
便秘ではない人にとっても毎日のスッキリ感・腸のリフレッシュにつながるでしょう。

そして、食物繊維を摂取する方法として最も効率的なのが「野菜を食べること」な訳ですが、生野菜などをいくら摂取しても、その食物繊維量には限界があります。
便秘を解消するほどたっぷりの食物繊維を毎日食べるというのは大変なことです。
かなりドッサリと食べなくてはいけません。
そこで登場するのが「青汁」です。
青汁は先述した様に野菜の成分をギュッと凝縮したもの。
もちろん食物繊維の量も豊富に含まれています。
便秘の解消にも、非常に効果的な働きを示してくれるでしょう。

さらに、最近では乳酸菌が配合された青汁も登場しています。
そういった製品を有効活用すると良いかも知れません。
ただし、乳酸菌は人によって相性が異なります。
一種類の乳酸菌しか配合されていない様な製品では、乳酸菌本来のチカラを引き出すことができません。
せっかくの費用が無駄になってしまうかも・・・。
では、一体どうしたらいいのでしょうか?

ずばり理想的なのは、乳酸菌サプリを摂取しながら、青汁を飲むこと。
青汁と乳酸菌が一緒になってしまっている製品よりも、別々で購入するのがオススメです。

もちろん優先すべきは青汁よりも乳酸菌。
腸内環境をよりダイレクトに改善することができるというのが、その理由です。
予算的に組み合わせることが難しく、どちらかを選ぶことになったら、乳酸菌を選ぶことを推薦します。