乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
腸内をケアする方法

腸内に存在する最近は大きく分けて善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌に分類することができます。
これらの三つのグループのうち、悪玉菌と善玉菌は常に腸内で勢力争いをしています。
そして、善玉菌が優勢の場合は身体は非常に健康な状態を維持することができます。
排便トラブルもなく、便秘とも無縁です。

それに対して、悪玉菌が増えて腸内もバランスが崩れると様々な不調の原因となってしまうでしょう。
つまり、健康のポイントは善玉菌がお腹の中で、いかに勢力を維持できるかということにかかっているのです。
毎日を健康的にイキイキと過ごして、腸内の善玉菌の数を増やしましょう。
そこに乳酸菌のサプリをプラスするのがオススメです。

ただし、乳酸菌の摂取の仕方にもちょっとしたコツがあります。
ヨーグルトを食べて善玉菌を増やそう・・・とするのはNG。
ヨーグルトなどの食べ物で乳酸菌を増やそうと思っても、なかなか効果を実感することができないかも知れません。
それは、腸まで生きたまま乳酸菌が届かないから。
結果的に、腸内の善玉菌は増えることができません。

また、体内環境は人によって様々です。
一人ひとり状態は大きく異なります。
それに合わせて摂取する乳酸菌も身体に対応させて自分にピッタリのものを選ばなければいけません。
乳酸菌やビフィズス菌も自分の身体にあわなければ、すぐに排出されて無駄になってしまうでしょう。
しかし、自分にピッタリのものを選ぶのはかなり大変なこと。
それこそ、実際に色々なサプリを購入して試さないといけなくなります。

そこでオススメの方法が二つあります。
それが、オリゴ糖などのプロバイオテクスを活用するということ。
オリゴ糖は体内の乳酸菌のエサになることで腸内の善玉菌を増やしてくれるからです。
この方法なら、自分の身体に元々ある善玉菌・乳酸菌を増やすことができるでしょう。

また、その他にも乳酸菌の種類が豊富なサプリメントを摂取するという方法もあります。
一種類だけでなく、複数種類の乳酸菌が配合されているサプリを選んでみましょう。
これなら、どんな体内環境にも基本的にはフィットさせることができます。

もちろん、両方一緒に取り組むというのもOKです。
それが一番理想的かも知れません。
効率よく腸内環境をケアすることができるでしょう。

また、さらに言うのであれば生活習慣の見直しにも同時に取り組めると良いですね。
運動不足の解消や食事習慣の見直しなども心がけてみましょう。