乳酸菌ガイドBOOK -効果効能などまとめました!-

LMS
画像
プロバイオテクスと運動

腸内環境を改善して健康的に過ごしたい・・・
そんな思いを抱いている人は少なくありません。

腸内環境が大きく乱れている場合は、便秘や便臭などの形で自覚症状がありますから、自分でも「何とか改善しないといけない」と感じるが多いからです。

そして、腸内環境を整える方法として近年、最も代表的になっているのがプロバイオテクスの活用です。

少し前まではプロバイオテクスという言葉は、そこまで浸透していませんでした。
しかし最近ではスーパーの乳製品コーナーでも、この言葉を見かけるようになりました。

かなり一般的になってきていると言えるでしょう。

プロバイオテクスというのは、腸に優しい効果を発揮してくれる乳酸菌などをはじめとする善玉菌や細菌の総称。
その他にもオリゴ糖や枯草菌なども腸内環境を整えるサポートをしてくれることから、プロバイオテクスの一種とされます。
ずばり、腸内環境を良くしてくれるものという括りとして考えると良いでしょう。

プロバイオテクスの代表例として挙げられるのは乳酸菌です。
もちろん乳酸菌という言葉も一種の総称であり、代謝時に乳酸を代謝するものを指しています。
乳酸が腸内でつくられると、腸内が酸性になり、悪玉菌の働きを抑え込むことができるというのがメリットになります。
それ故に乳酸菌は腸内環境の正常化に役立つと言われているのです。

ただし、腸内をキレイに保ちたいのであれば、乳酸菌の摂取だけで満足しないことが大切です。
もちろん自分にフィットした乳酸菌サプリを活用していれば、いずれは便秘解消などの効果を実感することができるでしょう。
しかし、よりスピーディに効能を得たい場合はサプリメントの摂取と同時に生活習慣の見直しにも取り組みましょう。

腸内環境が乱れる原因は悪玉菌・有害菌の増殖ですが、この一因として生活習慣の乱れが挙げられるからです。
例えば、偏った食事バランスや運動不足などは悪玉菌が増える原因になってしまいます。
結果的に便秘や下痢などを引き起こしたり、免疫異常などを引き起こすのです。
この「悪玉菌が増える原因」を根本的に解消できれば、効果の実感も早くなります。

具体的には、まず運動不足の解消に取り組むことが最優先事項として挙げられるでしょう。
ヨガやピラティスなどの自宅でできる運動でもOK。
ポイントは毎日継続することです。
激しいスポーツを行う必要はなく、ジョギングやウォーキングでも効果はありますから、しっかりと続けることが大切です。
その点を意識しながら、乳酸菌などのプロバイオテクスを活用しましょう。